クリニックフォア_オンライン診療ピル

クリニックフォア低用量ピルの評判調査!オンライン診療で国内最安当日配送も?

「月経の悩みを解決したい」「自分のライフスタイルやライフプランを大切にしたい」と考えている女性が、今注目している「クリニックフォア」の低用量ピルをご存じでしょうか?

この記事では、クリニックフォアの特徴や処方される低用量ピル、中用量ピル、アフターピルの種類、オンライン診療の流れなどを詳しく解説します。クリニックフォアの口コミや価格、お得な定期便についても紹介しているので、女性特有のお悩みを抱えている方はぜひ参考にしてください。

 

PR
※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

ライター
nao
日本化粧品検定特級 コスメコンシェルジュ
nao

クリニックフォアのピルってどうなの?

クリニックフォアのピル
出典:クリニックフォア

クリニックフォアは、全国に10医院以上を開業している医療機関で、手軽で便利な「オンライン診療」でも注目されています。初診からオンラインでの薬の処方が可能であり、忙しい人や気軽に診療を受けたい人におすすめです。

クリニックフォアのオンライン診療には「低用量ピル」、「中用量ピル」、「アフターピル」の3つのメニューがあります。

低用量ピルは、月経の悩みを改善してくれるお薬ですが「オンラインで本当に処方してもらえるの?」「どんな種類の低用量ピルを処方してもらえるの?」など、気になることも多いのではないでしょうか?

そこでまずは、クリニックフォアのピルが向いている人やクリニックフォアの特徴・おすすめポイントなどを詳しく見ていきましょう!

クリニックフォアのピルはこんな方におすすめ!

クリニックフォアのピルはこんな方におすすめ

全国に10医院以上を開業しており、オンライン診療に力を入れているクリニックフォアのピルは、次のような人におすすめです。

できるだけ低価格で利用をしたい

ピル比較表 低用量 中用量 アフター
価格 2,783円~ 5,478円〜 9,680円〜
診察料 1,650円  1,650円  1,650円
送料 550円 550円 550円

※価格は税込

クリニックフォアのピルには、お得な定期配送用意されています。低用量ピルの定期配送では通常価格よりも15%OFFの「2,783円(税込)~」とお得な割引価格で購入が可能です。

またクリニックフォアは「明朗会計」を特徴としており、上記比較表の料金以外は発生しないため、できるだけ低価格で利用したい人におすすめです。

他にも中用量ピル、アフターピルのオンライン診療・処方も受けられます。

低用量ピルに対して不安

まだまだ日本では認知度が高くない低用量ピル。そのため「なんだか不安に感じる」という人も少なくないでしょう。

クリニックフォアでは、オンライン診療では在籍医師が丁寧に診察してくれます。医師と直接相談しながら自分似合うピルを見つけられるので、初めての低用量ピルでも相談しやすいのがうれしいですね。

オンラインで簡潔に済ませたい

クリニックフォアの最大の特徴は、スマホやパソコンでできる「オンライン診療」です。

クリニックに行く時間や手間を省けるので、仕事や家事のすきま時間を活用して、低用量ピルの処方が受けられます。また、自宅でオンライン診療が受けられるため、誰にも会わずに処方してもらえるのも安心できるポイントです。

クリニックフォア オンラインピル処方
低用量ピル 中用量ピル アフターピル
クリニックフォア_低用料ピル クリニックフォア_中用量ピル
2,530円詳しく見る 5,478円詳しく見る 9,680円詳しく見る

※価格は税込です

クリニックフォアのピルの特徴とおすすめポイント

クリニックフォアのピルの特徴出典:クリニックフォア

クリニックフォアではオンライン診療・処方されるピルは3種類あります。

ここからは、クリニックフォアの低用量ピルの特徴と、おすすめポイントについて詳しく紹介します。

①【低用量ピル】8種の豊富な低用量ピル

クリニックフォア_低用料ピル

クリニックフォアでは、8種類の低用量ピルを取り扱っています。

低用量ピル
  • マーベロン
  • ファボワール
  • トリキュラー
  • ラベルフィーユ
  • アンジュ
超低用量ピル
  • ルナベルULD
  • フリウェルULD
  • ヤーズフレックス

豊富な種類のピルの取り扱いがあるからこそ、身体の状態やライフスタイル、生活習慣にあったものの処方が可能になります。

定期割引15%OFF

クリニックフォアでは、低用量ピルの定期配送を行っています。定期配送では、通常価格の15%OFFとお得な価格で低用量ピルを購入できます。

また、低用量ピルは毎日飲み続けることで効果を発揮します。定期配送なら価格がお得になるだけではなく、定期的に自宅に低用量ピルが届くので、お薬が手元になくなること予防できるのもうれしいポイントです。

②【中用量ピル】月経移動のための中用量ピル

クリニックフォア_中用量ピル

クリニックフォアでは、月経移動のための中用量ピルの処方も行っています。

中用量ピル
  • プラノバール

中用量ピルは、低用量ピルよりも「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の配合量が多い薬剤です。指定の期間服用することで、生理日の移動が可能になります。

生理日の移動方法

次回の生理を遅らせたい場合は、次回月経予定日の5~7日前から中用量ピルを服用します。月経を移動させたいイベントが終わるまで服用を続けますが、服用をやめると2日ほどで生理が来ます。

より確実に生理日を移動させたい場合は、生理日を早める方法がおすすめです。早めたい月経の前の月経期間中から中用量ピルを10~14日間服用し、その後服用を中止すると2日程度で生理が来ます。

③【アフターピル】リスク行為後5日まで有効

避妊に失敗した性交渉後に服用することで、緊急避妊を行うお薬が「アフターピル」です。クリニックフォアでは3種類のアフターピルの取り扱いがあります。

アフターピル
  • エラワン
  • ノルレボ
  • レボノルゲストレル

リスク行為後5日まで有効

クリニックフォアには3種類のアフターピルの取り扱いがありますが、それぞれ服用の有効期間が異なります。

エラワンはリスクのある性交渉後、120時間(5日後)まで緊急避妊が可能なお薬です。海外ではすでに承認されており、広く普及しているアフターピルですが、日本国内では未承認薬のため比較的取り扱いクリニックが少ない薬剤です。

そのほか、性交渉後72時間まで有効なノルレボ、レボノルゲストレルの処方もあるため、ご自身のタイミングに合わせての処方が可能です。

クリニックフォアのおすすめポイント

クリニックフォアのオンラインピルサービスには、ピルを必要とする女性にうれしい2つのポイントがあります。

最短当日発送

クリニックフォアのピルは、オンライン診療で処方後、最短で当日発送・翌日お届けが可能です。(診療時間やエリアによって前後します)

「ピルを服用してみたい」「すぐにアフターピルが必要」という場合も、スピーディーに手元に届くので、忙しい女性にぴったりですね!

プライバシーに配慮した梱包

ピルを必要とする女性のお悩みは、センシティブなものも少なくありません。「ピルを飲んでいることを周りに知られたくない!」という人もいるでしょう。

クリニックフォアのピルは、プライバシーに配慮した梱包で自宅に届くので安心です。クリニックからの荷物であることをわからなくすることも可能です。

クリニックフォア診療実績100万件以上!人気の低用量ピルとは?

ここからはクリニックフォアのオンライン処方の中でも、例用実績が多い低用量について詳しく解説していきます!

低用量ピルとは、エストロゲン(黄体ホルモン)とプロゲステロン(卵胞ホルモン)という2種類の女性ホルモンを含んだ薬剤です。避妊を主な効果としているお薬ですが、そのほかにも女性にうれしい効果が多数あります。

【低用量ピルの特徴】

  • 避妊や生理痛などへの高い効果が期待できる
  • 一般的な副作用については、過度な心配が不要である
  • 複数の種類があり、自分に合わせた薬剤を利用できる

ここからは、低用量ピルの効果や副作用などの基礎知識について詳しくチェックしていきましょう。

低用量ピルの主な効果

低用量ピルの主な効果は「避妊」ですが、そのほかにもさまざまな副効果が期待できます。低用量ピルに期待できる効果とその働きを解説します。

避妊への効果

低用量ピルを服用すると、薬剤に含まれる女性ホルモンの作用によって排卵を抑制することができます。そのため、ピルを正しく服用している間は排卵が起こらず、妊娠を避けることが可能になるのです。

生理痛への効果

低用量ピルには排卵を抑制する働きがあるため、生理痛のひとつである「排卵痛」を抑える効果が期待できます。また低用量ピルを服用することで、子宮内膜が厚くなりにくく、その結果、月経量が減ったり生理痛が軽減したりといった効果も期待できます。

月経前症候群(PMS)への効果

月経前症候群(PMS)の原因は明確には解明されていませんが、女性の生理周期に合わせたホルモンバランスの変化が原因のひとつといわれています。

低用量ピルを服用することで、体内の女性ホルモンの急激な変動を抑えることができ、月経前症候群の症状緩和につながると考えられています。

生理周期の改善

低用量ピルを服用中は、薬剤に含まれる女性ホルモンの作用によって、生理周期をコントロールすることが可能です。そのため、事前に生理がいつ来るのかを把握できたり、お薬の飲み方によっては生理の時期をずらしたりすることもできます。

ニキビや肌荒れの改善

生理前後にニキビや肌荒れが生じて悩んでいる女性も少なくないでしょう。生理前の肌トラブルの原因は、卵巣から分泌されるテストステロン(男性ホルモン)の影響やホルモンバランスの乱れといわれています。

低用量ピルを服用することによって、テストステロンの分泌が抑制され、また体内のホルモンバランスも整うため、ニキビや肌荒れの改善といった女性にうれしい効果が期待できます。

低用量ピルの副作用は?

避妊や生理痛・生理周期の改善などが期待できる低用量ピルですが、ネットの情報などでは「安心・安全で副作用がない」などといわれていることもあります。

しかし実際には、低用量ピルには以下のような副作用が現れる場合もあるので、事前に理解しておくことが大切です。

  • 胸のハリ・痛み
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 眠気
  • 不正出血
  • 下腹部痛
  • むくみ など

上記のような副作用は、低用量ピルを服用し始めたころに生じることが多く、服用を続けていくうちに落ち着いていくのが一般的です。また「低用量ピルを服用すると太る」といった情報を目にしたことがあるかもしれませんが、副作用である「むくみ」や体調不良による運動不足が主な原因であると考えられます。

これらの副作用は一時的なものであり、過度に不安を抱える必要はありません。

ただし、低用量ピルの副作用の中には「血栓症のリスクが高まる」というものがあります。血栓症は、血液の一部が固まり血管が詰まってしまう病気です。場合によっては重篤な症状につながる可能性もあります。

そのため「タバコを吸う」「40歳以上である」「高血圧である」などに該当する場合は、ピルの処方が難しいケースもあります。

低用量ピルは4タイプある

低用量ピルには、使用されている黄体ホルモンの種類ごとに、第一世代~第四世代の4タイプがあります。それぞれの特徴について解説します。

※印の薬剤がクリニックフォアで取り扱いのある低用量ピルです。

第一世代(ノルエチステロン)

第一世代の低用量ピルは「ノルエチステロン」という黄体ホルモンが使用されているもので、古くから処方されている薬剤です。月経の出血量を減らしやすく、月経困難症のコントロール、PMSの軽減にも効果が期待できます。

第一世代の
低用量ピル
  • シンフェーズ
  • フリウェルLD
  • フリウェルULD(超低用量)※
  • ルナベルLD
  • ルナベルULD(超低用量)※

第二世代(レボノルゲストレル)

第二世代の低用量ピルには「レボノルゲストレル」という黄体ホルモンが使用されており、不正出血しにくい、生理周期を安定させやすい、といった特徴があります。

第二世代の
低用量ピル
  • トリキュラー※
  • アンジュ※
  • ラベルフィーユ※
  • ジェミーナ

第三世代(デソゲストレル)

第三世代の低用量ピルには「デソゲストレル」という黄体ホルモンが使用されています。避妊や生理痛の緩和といった効果に加えて、ニキビや多毛症の改善効果が期待できます。

第三世代の
低用量ピル
  • マーベロン※
  • ファボワール※

第四世代(ドロスピレノン)

第四世代の低用量ピルは「ドロスピレノン」という黄体ホルモンが使用されており、避妊効果が期待できる最小のホルモン量が配合されています。比較的副作用やむくみが起こりにくく、PMSや生理にかかわる悩みの改善効果が期待できます。

第四世代の低用量ピル
  • ヤーズ(超低用量)
  • ヤーズフレック(超低用量)※

クリニックフォアの中用量ピルの特徴

中用量ピルとは低用量ピルよりも「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の配合量が多い薬剤です。

中用量ピルの効果

中用量ピルの主な効果は、生理日をずらす「月経移動」です。

低用量ピルのように避妊や生理痛の緩和などの目的で処方されることもありますが、ホルモンの配合量が多く副作用が強いため、一般的には短期間服用する「月経移動」に用いられています。

中用量ピルの副作用は?

中用量ピルも低用量ピルと同様の副作用が生じる可能性があります。

さらに上述のように、中用量ピルはホルモンの配合量が多いため、低用量ピルよりも副作用が出やすい傾向にあります。そのためクリニックフォアでは、プリンペランという吐き気止めも一緒に処方してもらえます。

中用量ピルは1タイプある

一般的に処方されている中用量ピルは「プラノバール」1種類であり、クリニックフォアで取り扱っている中用量ピルもプラノバールです。

中用量ピル
  • プラノバール

クリニックフォアのアフターピルの特徴

アフターピルとは「黄体ホルモン(プロゲステロン)」のみが含まれる薬剤です。中用量ピルや低用量ピルに含まれている「卵胞ホルモン(エストロゲン)」は含まれていないことが特徴です。

アフターピルの主な効果

アフターピルは、避妊に失敗した性交渉後に服用することで「緊急避妊」を行うお薬です。

配合されている黄体ホルモンの働きによって排卵を抑制したり、受精卵の着床を阻害したりすることで、緊急避妊を行います。性交渉後120時間以内(または72時間以内)に1錠を服用します。

アフターピル服用後、3~7日ほどで生理のような出血(消退出血)が現れます。消退出血が見られた場合は緊急避妊が成功している可能性が高いでしょう。ただし服用から3週間を経過しても消退出血がない場合は、速やかに妊娠検査薬で検査を行ったうえで、婦人科を受診しましょう。

アフターピルの副作用は?

アフターピルを服用した際は、以下のような副作用が生じる可能性があります。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 倦怠感

これらの副作用は一時的なもので、24時間前後で落ち着きます。しかし副作用による吐き気でアフターピルを嘔吐してしまった場合、緊急避妊の効果がなくなってしまう可能性があります。

そのためクリニックフォアでは、副作用が心配な方向けに550円(税込)で吐き気止めの処方も行っています。

アフターピルは3タイプある

クリニックフォアで取り扱っているアフターピルは、下記の3種類です。

性交渉後120時間まで有効
  • エラワン
性交渉後72時間まで有効
  • ノルレボ
  • レボノルゲストレル

上記のうち、エラワンは性交渉後120時間(5日後)まで有効なアフターピルです。従来のアフターピル(ノルレボ、レボノルゲストレル)と比較すると避妊率が高く、有効期間が長いことが特徴です。

ただしエラワンは海外では承認されていますが、日本国内では未承認のお薬です。そのためクリニックフォアでは、医師が正規のルートで輸入した薬剤のみを処方しています。

ノルレボは日本でも承認されているアフターピルで、性交渉後72時間まで緊急避妊が可能な薬剤です。またレボノルゲストレルはノルレボのジェネリック薬で、有効成分や効果はノルレボと同じです。

ピルは保険適用される?

低用量ピルの服用を考える際に、気になるのは「保険適用の有無」ではないでしょうか? そこでここからは、低用量ピルの保険適用について、詳しく解説します。

保険適用で処方されるケース

低用量ピルでも、以下のようなケースでは「保険適用」で処方される場合があります。

  • 月経困難症、子宮内膜症性疼痛、月経過多などの治療を目的としている
  • 上記の目的で、医療機関で診察や検査を受けている
  • 上記の目的で、医療機関での診察や検査の結果、医師から治療を目的に低用量ピルを処方されている

保険適用で処方される低用量ピルは「ルナベルLD」「フリウェルLD」、超低用量ピルである「ルナベルULD」「フリウェルULD」「ヤーズ」「ヤーズフレックス」などがあげられます。

自由診療(自費)で処方されるケース

病気ではない「避妊」を目的として処方される低用量ピルは、自由診療(自費)となります。

自由診療(自費)で処方される低用量ピルは「マーベロン」「ファボワール」「トリキュラー」「アンジュ」「ラベルフィーユ」などがあげられます。

ピルはオンラインで処方される?

クリニックフォアで実施されているように、医師によるオンライン診療でもピルの処方は可能です。ただし、場合によっては来院が必要な場合もあります。

ここからは、ピルを処方してもらう際に「来院が必要な場合」と「オンラインが可能な場合」の違いを見ていきましょう。

来院が必要な場合

低用量ピルの副作用のひとつに「血栓症のリスクが高まること」があります。そのため、クリニックによっては、以下のようなケースに当てはまる場合は、来院での診察・検査が必要なケースもあります。

  • 血圧が高い
  • タバコを吸う
  • 片頭痛がある
  • 血栓症の心配がある
  • 肝機能に問題がある
  • てんかんなどの持病がある
  • 入院を伴う手術の予定がある など

また月経困難症、子宮内膜症性疼痛、月経過多などの治療を目的として、保険適用で低用量ピルの処方を希望する際も、来院が必要となる場合があります。

オンラインが可能な場合

クリニックによって異なりますが、上記のような条件に当てはまらない場合、または特定の検査を受ける必要がない場合は、オンラインでの診察・処方が可能となります。ご自身がオンラインによるピルの処方が可能かどうかを知りたい方は、まずはクリニックに問い合わせてみるのがいいでしょう。

クリニックフォアのピルは保険適用される?

クリニックフォアのオンライン診療によるピルの処方は、保険適用ではありません。

その理由は「オンラインでは診察は行えるものの、検査等が実施できないため、診断まで行うことができない」というものです。そのため、クリニックフォアのオンライン診療でピルを処方してもらう場合は、自由診療の扱いとなり自費での購入となります。

クリニックフォアでは8種類の低用量ピルを用意

クリニックフォアでは、以下の8種類の低用量ピル・超低用量ピルを用意しています。

低用量ピル 第二世代
  • トリキュラー
  • ラベルフィーユ
  • アンジュ
第三世代
  • マーベロン
  • ファボワール
超低用量ピル 第一世代
  • ルナベルULD
  • フリウェルULD
第四世代
  • ヤーズフレックス

第二世代といわれる「トリキュラー」「ラベルフィーユ」「アンジュ」は、自然なホルモンバランスに近づけて作られており、不正出血しにくい低用量ピルです。避妊の目的以外にも、PMSの改善を目的に処方されます。

第三世代である「マーベロン」「ファボワール」は、一般的に多く処方されている低用量ピルであり、避妊、PMSの改善に加えて、ニキビへの効果が期待できます。

さらに第一世代、第四世代の低用量ピルの中でも「超低用量ピル」といわれる「ルナベルULD」「フリウェルULD」「ヤーズフレックス」は、エストロゲンの配合量を減らしており、副作用を抑えた超低用量ピルです。吐き気などの副作用が心配な人や、初めて低用量ピルを服用される人に推奨されています。

クリニックフォアでは、医師によるオンライン診療の内容をもとに、これら8種類の低用量ピルの中から適した薬剤が処方されることが特徴です。

簡単3ステップ!クリニックフォアのオンライン診療で低用量ピルが届く!

ここからは、クリニックフォアのオンライン診療の流れを見ていきましょう、クリニックフォアでは、次の3ステップでピルの処方が完了します。

  1. 予約フォームから診察日を予約
  2. 医師とのオンライン診察
  3. 最短当日発送
  4. 予約フォームから診察日を予約

クリニックフォアのサイトにある診療予約をクリックすると、カレンダーが表示されます。カレンダーの中から希望の日時を選択し、事前問診に回答して予約を取りましょう。

オンライン診察の方法は、予約時に電話またはビデオチャットのどちらかを選択できます。

医師とのオンライン診察

予約日時の15分前になると、メールで診察のお知らせが来ます。ビデオチャットの場合は、メールにURLが記載されています。

予約時刻になると、看護師から電話がかかってくるので対応しましょう。その後、問診票の内容を確認しながら、医師によるオンライン診療が行われ、問題がなければ低用量ピルが処方されます。

最短当日発送

処方された低用量ピルは、最短で当日発送・翌日配達*で届きます。診察費用・お薬代の支払いは、クレジットカードなどの後払いが可能です。

*診療時間やエリアによって前後します。

クリニックフォアの価格は?

クリニックフォアのオンライン診療・ピル処方の価格は以下のとおりです。

  • お薬代:2,783円(税込)~
  • 診察料:1,650円(税込)
  • 送料:550円(税込)

お薬費用は月額2783円(税込)〜

お薬代はピルの種類によって異なりますが、最安値が月額2,783円(税込)、平均月額が2,783円~3,278円(税込)となっています。

ピルのタイプ 低用量ピル 超低用量ピル
ピルの種類
  • トリキュラー
  • ラベルフィーユ
  • アンジュ、マーベロン
  • ファボワール
  • ルナベルULD
  • フリウェルULD
  • ヤーズフレックス
定期配送(15%OFF) 2,783円 9,350円 6,077円 10,285円
2ヶ月分 6,556円(月額3,278円) 22,000円(月額11,000円) 14,300円(月額7,150円) 24,200円(月額12,100円)
3ヶ月分 9,834円(月額3,278円) 33,000円(月額11,000円) 21,450円(月額7,150円) 36,300円(月額12,100円)
半年分 19,668円(月額3,278円) 66,000円(月額11,000円) 42,900円(月額7,150円) 72,600円(月額12,100円)

※価格は税込です

クリニックフォアは定期配送が断然お得!

クリニックフォアには、低用量ピルの定期配送があります。定期配送を利用することで、お薬代が通常価格の15%OFFになるので、お得にピルを購入したい人におすすめです。また定期配送であれば、毎月お薬が自宅に届くので、手元のピルがなくなってしまう心配もありません。

定期配送では、1回目のお届けは診察・処方後すぐに発送、2回目は初回決済の18日後に発送、3回目以降は28日サイクルでお届けします。

クリニックフォアの定期配送は解約できる?

万が一、お薬が体に合わなかった場合やお薬の服用を中止したい場合は、定期配送の解約が可能です。

定期配送の解約は、マイページから簡単に手続きできます。ただし、すでに決済済みのお薬に関してはキャンセルができないため、定期配送のスケジュールに注意しましょう。

偽物のピルに注意!

徐々に広まりつつある低用量ピルのオンライン診療ですが、インターネットでは低用量ピルの「偽物」が販売されている可能性も否定できません。

特に「医師の診察なしで購入可能」と謳っているものや、一般的な価格と比較して大幅に値引きされているもの、個人輸入で販売されているものは、偽物のリスクがあります。

その点、クリニックフォアの低用量ピルのサイトには「医薬品副作用被害救済制度対象の国内承認薬」と明記されています。

個人輸入医薬品など海外で処方された薬や、海外で販売された薬は、医薬品副作用被害救済制度の対象にはなりません。そのため、クリニックフォアが取り扱う低用量ピルが偽物である可能性はなく、また在籍医師によるオンライン診察が行われることからも信頼性の高さがうかがえます。

クリニックフォアの口コミ評判

クリニック基本情報

クリニックフォアでは、低用量ピルのオンライン診療のほかに、さまざまなオンライン診療を行っています。また、クリニックフォアは国内に10医院以上を開業しており、来院による対面診療も行っています。

オンライン診療のメニュー
低用量ピル 女性AGA インフルエンザ予防内服薬
アフターピル 男性AGA メディカルダイエット
月経移動 ED 性感染症治療
美容皮膚 禁煙治療 漢方
ニキビ治療 花粉所(保険診療) 眼科(ドライアイ)
クリニック 診療時間 来院診療科目 住所/map
クリニックフォア 田町 平日:9:30~14:30, 16:00~21:00

土日祝:9:00~13:00, 14:00~18:00

内科一般、専門外来/ワクチン、アレルギー科、トラベルクリニック、皮膚科 東京都港区芝浦3-1-32なぎさテラス4F
クリニックフォア 新橋 平日:9:30〜14:30, 16:00〜21:00

土日祝:9:00〜13:00, 14:00〜18:00

内科一般、専門外来/ワクチン、トラベルクリニック、皮膚科、美容皮膚科 東京都港区新橋1丁目4番5号 ヒューリックG10ビル 9F
クリニックフォア 飯田橋 平日10:00〜14:00, 15:30〜20:00

土日祝:9:00〜13:00, 14:00〜18:00

内科一般、専門外来/ワクチン、アレルギー科、トラベルクリニック、皮膚科 東京都千代田区富士見2-7-1 飯田橋プラーノ1F
クリニックフォア 有楽町 平日:10:00〜14:00, 15:30〜20:30

土日祝:休院

内科一般、専門外来/ワクチン、アレルギー科、トラベルクリニック、皮膚科 東京都千代田区有楽町2丁目7-1 イトシア B1F
クリニックフォア 大手町 平日:9:00〜13:30, 15:00〜20:00

土日祝:休院

内科一般、ワクチン、トラベルクリニック、生活習慣病、いびき外来、健康診断 東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 地下1階
クリニックフォア 四谷 月水木金:10:00 – 14:00, 15:00 – 19:00

日のみ:9:00 – 13:00, 14:00 – 18:00

皮膚科、美容皮膚科、アレルギー科、トラベルクリニック 東京都新宿区四谷1-6-1 CO・MO・RE Mall 2F
クリニックフォア 心斎橋 平日:11:00〜14:00, 15:00〜20:00

土日祝:10:00〜14:00, 15:00〜19:00

専門外来/ワクチン、アレルギー科、トラベルクリニック、皮膚科、美容皮膚科 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋PARCO 10F
クリニックフォア 大宮 平日:10:00〜14:00, 15:00〜19:00

土日祝:休院

内科一般、専門外来/ワクチン、アレルギー科、トラベルクリニック、健康診断 埼玉県さいたま市大宮区大門町二丁目118番地 大宮門街4F
クリニックフォア 池袋 平日:10:30〜14:00, 15:30〜20:00

土日祝:9:00〜13:00, 14:00〜18:00

内科一般、専門外来/ワクチン、アレルギー科、トラベルクリニック、健康診断 東京都豊島区南池袋1丁目27番10号 油木第一ビル 2F
クリニックフォア 渋谷 平日:10:30~14:00, 15:30~20:00

土日祝:9:00~13:00, 14:00~18:00

内科一般、専門外来/ワクチン、アレルギー科、トラベルクリニック、皮膚科、美容皮膚科、健康診断 東京都渋谷区道玄坂1丁目3-3 楠本ビル 2F(&3F)

まとめ

今回は、クリニックフォアのオンライン診療による低用量ピルの処方について、詳しくご紹介しました。クリニックフォアのオンライン診療なら、仕事や家事のすきま時間に医師の診察を受けられて、あなたに適したピルの処方とご自宅へのお薬の配送が受けられます。

またクリニックフォアには低用量ピルの定期配送もあり、お得な価格で購入・継続が可能です。

月経のお悩みや女性特有のトラブルの改善をお考えの方は、ぜひ一度クリニックフォアのオンライン診療についてチェックしてみてはいかがでしょうか。

ホームオンラインメディカル | 平和台皮フ科クリニックフォア低用量ピルの評判調査!オンライン診療で国内最安当日配送も?